フランスからのお客サマ

京都の春は世界中から観光客が訪れる。
「えっ!! こんなとこにも外人が!!」と思うレストランやショップで見かけることが、めっきり増えた。彼らの旅の仕方は上手い。どこでどう探してきたのか情報通であり、お金をかけずにドンドン挑戦的に街や日本を楽しむ。
ミュージックプランの学校の前にも毎日沢山の観光客が通過する(昔はこの辺りは少なかったんだけどなぁ)
当然、ここMPは何をどないしているとこかと興味津々の彼らは堂々とあるいはコソコソ(?)と入ってくる。
道を尋ねられたり、日本の楽器を探して、ライヴハウスを教えてほしいとか、自分も音楽やってる!!! とか、是非講師にしてほしい・・・などいろいろ。

4月の下旬のこと、フランスから一人旅で日本にやってきた“グレゴア”君(24才・フランスではITエンジニア)がMPにやってきた。旅行者なんだけど日本の音楽を習いたい、という希望だ。よく聞いてみると“X-Japan”が大好きだとか。んっーーーん、日本のカルチャーポップが欧米で人気があるとは知っていたけど、X-Japan 恐るべし!
ギターをお貸しし、市川センセイにレッスンをお願いし、在校生たちと暫しのセッションやトークでとても満足された様子。
満足しとても楽しかった彼は,その後も数日間毎日一定の時間になったらMPに現れ、学校が閉まるまで入り浸り状態!!
小さな国際貢献・・したかな?!

帰国後、この楽しかった想い出と感謝の気持ちをメールいただきました。また、彼のプログには写真付きでアップされてます。

音楽は世界共通。
音楽は言葉の壁を超える。
そんな数日でした。

http://gregonet.free.fr/blog/


e0145902_11383091.jpg
[PR]

by musicplan | 2008-06-12 11:38 | 今日の音楽学校