上町63

上町・・と書いて“カンマチ”と読むその店の名は
「上町63」

横浜にある、ジャズマンたちにはひょっとしたら聖地的なお店。
こんじんまりしたお店では、マスター胆入りのミュージシャンによる
ライブが夜毎開かれるとか。

興味深いのが、ここで登場するミュージシャンの
ブッキングは全てマスターおひとりによるもの。
あのピアニストと、あのドラマー、そしてあのベーシスト・・
というように、今まで会ったこともないミュージシャンたちによる
一夜限りのセッションが繰り広げられるのだ。

そして、夜毎開かれるライブはすべて録音され
マスターが100回聴いても飽きない、いい!!、と思うテイクを
ライブ前などにBGMとして流すと言う。

もちろん、ただの酔客にはお帰りいただくという徹底ぶり。
音に対して・・ここまで真摯なライブハウスも久しぶり。
まだレコード・・という時代、
JAZZ 喫茶に入れば、客はお葬式の通夜のごとく
スピーカーから流れる“音”にじっと黙って耳を傾けていた。
それは邪道ではなく、正道だった。

が、今や音楽の聞き方は随分ルーズ(?)、う・ううん!! 便利になった。
いつでも、どこでも、ここでも、MY Music!! だ。

生の音にこだわり、
音楽をアートとして昇華させる、
ミュージシャンたちに音楽へのチャレンジの場を与え続ける
「上町63」
横浜に行ったら是非立ち寄ってみたい。。。

そして、この上町63の常連ミュージシャン「清野拓巳」氏による
New アルバム「Room to Move」 が完成した。

この New アルバム、この上町63で昨年秋のライブ録音。
マスターからの「いいよぉぉ〜」の推薦から生まれたもの。
こんな音にこだわりのあるマスターが推薦するからには
「GOOD !!」に間違いない。

来月には、イタリア、スイス、レバノン・・・・と
ヨーロッパの音楽フェスティバルに向けてツアーをスタートする清野氏。

音楽は「アート」だと感じさせてくれるミュージシャンはそう多くない。
素晴らしいミュージシャンが Music Plan にいてくださること・・・
改めて誇りに思う。


hiroco 056.gif
[PR]

by musicplan | 2012-03-08 15:17 | お勧めCD

久しぶりに「CD」買いました。

音楽関係の仕事をしているのに
最近めったに“CD”を買わなくなりました。

もっぱら一曲買いの Net ダウンロード。
ミュージシャンやアレンジャー・・などなど
実際音楽の仕事のみの方たちに聞いても

「そう言えば最近CD買ってないなあ・・」と・・。

そんな私が先ほど手にしたのは
久保田利伸さんの2枚組のベストアルバム

“THE BADDEST”

久保田ファンなら、懐かしいあの曲、あの歌に
ほっこり、踊りだしたくなったり、涙こぼれたり・・

彼は今年49才だとか。。
とてもそんなおじさんには見えません。
ファンキーでキュートな音楽で楽しませてくれます。

このCDは“買い”でっせ。


hiroco 060.gif
[PR]

by musicplan | 2011-12-06 11:53 | お勧めCD

いまJAZZを聴くならこの一枚。


生涯一番大好きなミュージシャン、我が愛するマイケルの名曲“ビリー・ジーン”をJAZZ風にカバーされた曲を発見。
みなさんはもうご存知かもしれませんが・・。

ちょっと飽きてきたJAZZサウンドを、こんなに小気味良く軽快に、おしゃれなサウンドに仕上げたCDを久しぶりに聴いた気がする。
マイケルの代表すべき曲(と、私は思っている)を、お料理するのは難しかったことでしょう。

WINTER PLAY というバンドは、2007年韓国で結成されたそうです。
子顔でキレイな顔立ちのへウォン(vo)と、ジュハン・リー(tp、作曲)によるジャズ・ポップ・ユニット。

NETの情報によると、WINTER PLAY は2008年1月に発売されたインディ・デビュー作『CHOCO SNOWBALL』が韓国ジャズ・チャートの1位を獲得。ロック/ポップスのカヴァーやオリジナルを自在に歌いこなすスウィング・フィーリングあふれるヴォーカルとオーガニックなサウンドが注目を浴びる。2009年7月、世界発売に先がけてアルバム『ソングス・オブ・カラード・ラヴ』で日本デビューする。・・・とある。

昨年11月には。ビルボードライブで東京、大阪とライブがあったらしい。
今日気がついたのがちょっと悔しい!!

ジャジー・ポップス。
JAZZの新しいスタイルとして期待度◎

興味のある方は・・コチラ 060.gif

WINTERPLAY
http://www.winterplay.jp/
[PR]

by musicplan | 2010-02-28 13:51 | お勧めCD